怪獣8号

怪獣8号【33話】最新話ネタバレ確定!第三部隊の想い!!

2021年5月14日に配信された少年ジャンプ+より、

人気漫画「怪獣8号」【33話】を読みました。

 

32話では、

超巨大余獣爆弾が隊員目掛けて落下してくる中、

正体がバレる事を覚悟で、怪獣8号に変身して皆を助けたカフカ。

自身がボロボロになりながらも全員を守ることに成功します。

しかし、カフカが怪獣8号であることがバレてしまい、

ミナは防衛隊員として、カフカを拘束するのでした・・・

 

怪獣8号【32話】はコチラから読めます!!

 

それでは、気になる『怪獣8号』最新33話のネタバレ・あらすじ・感想・考察を

していきますので、是非読んでみて下さい。

 

怪獣8号【32話】最新話ネタバレ・あらすじ

防衛隊長官を含む会議!!

カフカの件について、会議が行われていました。

防衛隊内に怪獣8号が潜り込んでいたことは、大事のようである。

しかもそれが人型であり、大怪獣クラス!!

 

ある国では人体に怪獣組織を移植する研究が始まっているという噂もあり、

マスコミへの公表を含め、慎重な対応が必要なようです。

 

すぐに殺処分、生体兵器としての運用など、様々な意見がでるが、

まずは収容してからだと四ノ宮防衛隊長官は話します。

 

拘束されるカフカ!!

手足を拘束され、防衛隊員の研究員達にモニタリングされるカフカ。

研究員たちの隣には保科副隊長の姿もありました。

 

これからどうなるのか考えていると、

銃を構えた隊員と共に、ミナがやってきました。

 

第三部隊であるミナが本部施設へと移送するためです。

 

カフカたちが外に出ると、そこには銃を構え武装した

隊員達の姿がありました。

そこにはレノやキコルもいましたが、信用してくれていた仲間たちを

裏切ってしまったと思い、カフカは顔を見る事が出来ず、うつむきます。

 

護送車に乗り込むカフカに対し、レノが信じてますと声を掛けます!!!

 

ずっと待ってる!!

護送車の中に入り、2人きりになるとミナが話し始めます。

 

迷わず基地を救ったカフカの姿を見た時、驚いたけどカフカらしいと思ったと!!

 

ミナは、カフカにとって有利な証言や映像を集めていると話します。

怪獣8号が人間だと証明できれば、処分を避ける事が出来るかもしれないからです。

 

第三部隊には、誰一人としてカフカを怪獣と思っている人はいないと話すミナ!!

 

カフカは涙目になりながら、ミナの隣を目指してもいいかと聞きます。

頷いたミナは、いつまでも待っていると答えるのでした。

 

涙を堪えきれないカフカの姿がありました。

 

そして東京都江東区にある防衛隊有明りんかい基地に、カフカは移送されます。

カフカは何重もの扉でロックされる広い部屋で、拘束されます。

仲間を信じて待つ!!

カフカにとって孤独な戦いが始まるのでした・・・

 

 

怪獣8号【32話】最新話ネタバレ・感想

次はネットでの反応を見てみましょう!

 

Twitterでの感想

https://twitter.com/haruharu1014sho/status/1393184329577099268?s=20

 

漫画『怪獣8号』を割安でお得に読むには?

怪獣8号をお得に読むなら・・・

eBookJapan・コミックシーモアなど電子書籍の古株もありますが、

今私が1番オススメしているのが、

 

漫画・コミックを読むなら国内最大級が売りのまんが王国です!

 

 

怪獣8号以外にも、あなたの好きな漫画がほとんど見れます!!

しかも「じっくり読み」1~7巻無料などのキャンペーンも多数あり↓↓

 

 

私も愛用している電子書籍サイトとなります。

このサイトの一番のメリットは他には無い安さです!

物にもよりますが、月間9冊ほどもお得に購入できることも!

詳しくはこちらで紹介していますので、興味があるの人はぜひご覧ください!

 

『まんが王国のメリットを徹底解説!月間9冊も漫画をお得に購入できる?』

 

 

怪獣8号【32話】最新話ネタバレ・考察・予想

拘束されたカフカに対して、未だ信じてくれているミナやレノ達の反応に、

泣きそうでした!!

 

ミナとカフカの会話も上官と下官ではなく、幼馴染の雰囲気で非常に良かったですね。

 

今回は、有明りんかい基地に収容されたカフカですが、

気になっていくのは今後の展開ですね。

 

冒頭の防衛隊の上層部の会議では、殺処分・生体兵器扱いといった事が話されていました。

しかし、物語が終わってしまうので殺処分はないと思います。

 

考えられることは、

 

・生体兵器扱いされるが、それを第三部隊が阻止していく展開

・証拠を集めるも、もみ消されてしまい、第三部隊と本部が対立していく展開

・別の人型怪獣がカフカを仲間にしようと、ありあけ基地を襲撃

 

上記のような展開はありそうかなと予想していますが、

実際どんな展開になっていくのか非常に楽しみです。

 

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

今回は、第三部隊の仲間想いが前面に表されてましたね。

ミナとレノの信じて待っているという言葉は、

カフカにとって生にしがみつく大きな活力になると思います。

次回からエピソード4『捕らわれた怪獣8号』として、

新章がスタートのようですね。

次回の『怪獣8号』第34話を楽しみに待ちましょう!!

 

 

『怪獣8号』は、漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて連載中なのですが、

同アプリ史上最速で3000万閲覧数を突破したことが、

集英社より発表されている超人気漫画です。(※10月30日第15話公開まで)

 

迫力あるバトル、巨大怪獣、読者を圧倒する描写力は必見です。

そして、私と同世代の主人公カフカ(32歳)が、もう一度夢の舞台を目指す熱いストーリー!!!

めちゃくちゃオススメな作品ですので、ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

 

ここまでご覧くださりありがとうございます。

-怪獣8号

© 2021 30代おっさんが漫画大好きな件 Powered by AFFINGER5