バキ道

バキ道【105話】最新話ネタバレ確定!襲い掛かる横綱??

2021年9月9日に配信された少年チャンピオンより、

人気漫画「バキ道」【105話】「云われてきた言葉」を読みました。

 

104話では、

徳川がセッティングした勇次郎との対決で一発の顔面パンチを受けて失神してしまい、

その圧倒的な強さに打ちひしがれる宿禰。

そこへ変装した横綱・零鵬が現れ、宿禰に再戦を迫る零鵬。

いきなり攻撃をしかけてきますが、余裕の宿禰が繰り出したのは強烈な蹴りでした。

 

バキ道【104話】はコチラから読めます!!

 

それでは、気になる「バキ道」最新105話のネタバレ・あらすじ・感想・考察を

していきますので、是非読んでみて下さい。

バキ道【105話】最新話ネタバレ・あらすじ

宿禰が四股から繰り出した蹴りは、零鵬を…!?

襲い掛かってきた零鵬に、宿禰は顔を2発殴られました。

しかし、余裕の表情をしている宿禰。

彼が次にとった行動は、相撲の「四股」のポーズでした。

低い体勢から左足を猛スピードで繰り出す宿禰。

その足は、零鵬の胸に直撃。

肉はえぐれ、骨にヒビが入ります。

血を吐き頽れる零鵬。

宿禰は変わらぬ表情でその場から立ち去りました。

 

刃牙、勇次郎の発言に驚愕!

一方、徳川の元には刃牙が訪れていました。

勇次郎が徳川のことを手籠めにしようとしたと知り、驚く刃牙。

それはもののたとえで、本当に男を犯す趣味はないのではないかと反論します。

ところが徳川は、紅葉が勇次郎について話していたことを思い返します。

紅葉は、たとえば宇宙人が現れて、人類で最強の者同士を戦わせようとしたとする・・・

そこには勇次郎がいるだろうと。

範馬勇次郎は、「雄」としてのホルモンが常人とは別次元だと言うのです。

紅葉の推理では、勇次郎からみれば老若男女問わず自分以外すべてが「雌」であると!

 

次なる刺客現る!?

徳川が語る紅葉の話を、あきれながら聞いている刃牙。

なぜかうれしそうな徳川に、気持ち悪いとまで言い放ちます。

一見、平和そうなこの会合。

しかし、次なる脅威がそこへ迫っていました。

道路に立つ、道行く人々の2倍はありそうな身長の高い男。

かなり目立っています。

それは、なんとジャック・ハンマーの姿でした!!

 

バキ道【105話】最新話ネタバレ・感想

次はネットでの反応を見てみましょう!

Twitterでの感想

 

バキ道【105話】最新話ネタバレ・考察・予想

勇次郎に気絶させられたあと、零鵬をコテンパンにやっつけた宿禰!

やはり各界最強は地上最強に最も近いのか?と期待させてくれます!

一方、徳川の爺ちゃんと話す刃牙はなんだか柔らかい表情で、余裕にも見えました。

勇次郎がすべての人類を「雌」と思っているのでは、という推理には驚きでした!

たくさん子供がいてもおかしくない勇次郎にあまり子孫がいないのは、そういう理由だったんでしょうか?

次回、なんとジャック・ハンマーが登場!しかもなんだかデカい!?

どんな暴れ方をするのか楽しみです!

 

漫画『バキ道』を無料で読むには?

 

漫画をお得に読むなら・・・

eBookJapan・コミックシーモアなど電子書籍の古株もありますが、

今私が1番オススメしているのが、

漫画・コミックを読むなら国内最大級が売りのU-NEXTです!

 

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども一緒に一緒に楽しめてしまうマルチアプリですので、

お得』『便利な』サービスとなっています。

 

あなたの好きな作品がほとんど見れますよ!!

 

 

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かからなかったです!

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

※最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中! 

 

『U-NEXT』ユーザーのリアルな声!!

実際に『U-NEXT」ユーザーの声をまとめてみました。

こちらはTwitterから引用させて頂いております。

 

皆さん、満足されているのがツイート内容からも分かりますね!!

私も他のユーザーさん達と同じ感想です。

また、作品を見た後に『U-NEXT』側からオススメされる作品も、

自分好みの作品ばかりで大変満足です。

興味がある人は、U-NEXTぜひご覧ください!!

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

次回の『バキ道』第106話を楽しみに待ちましょう!!

 

『バキ道』は、1991年から開始している「刃牙シリーズ」の第5部です。

日本に伝わる日本最古の歴史書「日本書紀」。

その日本書記に登場し剛力の持ち主と言われた相撲のパイオニア「野見宿禰」の子孫で、

「宿禰」の称号を持っている「第ニ代野見宿禰」。

"初代"野見宿禰のライバルであった当麻蹴速の名言「我ひたぶるに力比べせん」を好んでいた彼は、

強者との取組を希望する・・・

その「宿禰」の称号を継ぐ者がいることを知った主人公「範馬牙」は、彼に立ち向かってゆく・・・

 

ここまでご覧くださりありがとうございます。

-バキ道

© 2021 30代おっさんが漫画大好きな件 Powered by AFFINGER5